2018年まとめと2019年の挨拶

2019年あけましておめでとうございます。
今年は平成最後の年。年号が変わる年でもございます。
昨年は自然災害が多い印象でした。経済はオリンピック景気のようでどこもかしこも人手不足。建設業が元気な印象でした。今年もこの調子で景気が良いことを望みます。
さて、昨年プレイしたゲームをまとめてみます。

モンスターハンターワールド
b0048536_10504442.jpg
今でもたまにプレイしてます。プレイ時間が900時間を超えていました。
旧作の根底の悪いところを全て取り払い、より遊びやすくしたイメージです。FF14コラボのダメージエフェクトは大変見やすかったので、既存システムにも反映してもらいたいです。次回のDLCも楽しみにしてます

ガンダムバトルオペレーション2
b0048536_10584495.jpg
MSと武装ガチャになって戻ってきた。内容は昔と変わらず、お手軽さは健在。
ロンチ当初は、中々マッチングせず、マッチングしたと思ったら、通信エラーで最初に戻る。この繰り返しで2時間ほど対戦できなかった思い出。
ガチャで引き当てるMSはさすがに強い。引き当てないと、遊べないわけでは無いが、コレクション魂を揺さぶる期間限定文字にやられる人多数。

ウィッチャー3
b0048536_11105952.jpg
やるものが無い時期にプレイしていたもの。
フルパック版をダウンロードし、メインクエストだけは終わらせた。ウィッチャーそのものが初プレイだったため、ゲーム内の単語を理解するのに時間が掛かった。
大変よくできたゲームだと思うが、どことなく「ディアブロ」臭がするのは気のせいだろうか?

シャドウオブトゥームレイダー
b0048536_11165738.jpg
不死身のララ様健在。謎解きアクション。難易度が謎解き、戦闘、と個別に選べるのが斬新でした。
このグラフィックエンジンで次回作を期待します。リマスタリングではなく。

アサシンクリードオデッセイ
b0048536_11222534.jpg
自分の中では、ゲームオブザイヤーはこれです。
オープンワールドです。アプローチ方法に自由度があり、解決方法もひとそれぞれ。
ゼルダブレスオブザワイルドをかなり意識した感じがしました。カットで入ってくるストーリーがシリーズ未プレイの自分からしては少々意味不明。
必要性に疑問が残りましたが、大人の事情なんだろうなと思い置いときます。映画も公開されたようでしたが、どうなったんでしょう?
字幕を表示すると2行以上はスクロールも表示切替もしないのは、仕様?

Fallout76
b0048536_11310746.jpg
まだまだ、未完成。ストーリーは完結するが、作りが不安定すぎる。
鯖含めて、クライアントもハングしまくる。ローンチよりは良くなったが、未だに起きる。
探索中にハングすると、やる気がなくなるレベル。それでもジャンク漁りに行ってしまうアパラチア。
様々な発見があります。便器にラッドローチの死骸。それが杖もって、結婚指輪してる。これってどうゆうことなんすかね?と色々なオブジェクトいっぱいある。
デスペナはジャンク品ドロップだけなので、リスポンしながら高LVの敵を倒すこともできなくはない。サバイバルゲームだが、最後まで自分が持てる重量との闘い。
エンドコンテンツへの手順が多く、難易度も突然高くなる。

ドラゴンクエストビルダーズ2
b0048536_11402215.jpg
一気にストーリーをクリア。そのあとは、終わりのない箱庭作り。
ストーリーは大変印象深いものでした。サンドボックス系だけあって、戦闘は緩め。万人向け用に調整したんだろうなと思えるバランス。
作れる素材も徐々に広がっていくため、ストーリーを終わらせてからがスタート。

PokemonGO
b0048536_11493800.jpg
昼とか帰宅時にやってます。第4世代が実装され、PVPも実装されました。コレクション要素が強いため、期間限定後のフォローができつつある。
プレイ人口が多いのと、操作が単純なため高齢者が多い。まだまだ人気は続くと思われます。リアルイベントをもっと地方でも開催して欲しいです。
(ジムやストップの多さで)地域格差がありますが、申請することもできるようになりますので、徐々に解消されることを願います

FINALFANTASY XIV
b0048536_11572019.jpg
2018年12月で課金を停止中。次の拡張版までプレイできなさそうです。世界で有数のMMOPRGになりました。
それだけみんなに愛されているんだなと。ここまでできたのはやはり吉田Pの説明とこれをすることになった背景など、しっかり動画でわかりやすく行ってくれたからと思います。そしてそれを支えるスタッフ達。おそらく数百単位の関係者がいるんだろうなと思う規模の開発をスケジュール通り進めることができることがすごいこと。
いつでも再開できるように、情報だけは追っていく予定です。


by hm_kz | 2019-01-01 11:44 | ゲーム | Comments(0)